先輩からのメッセージ
山口 純一

介護福祉士・日中活動専門員
入社年度:2009年
所属施設:いぶき療護苑

今のお仕事選んだきっかけ

ファミリーレストランで働いていた時に障害者雇用制度で入ってきた軽度の知的障害をもつ方と仕事をして、もっと重い障害をもつ人はどうしているんだろう?と思ったのがきっかけです。その後、退職して次の仕事は介護に携わろうと決め、資格を取る過程で実習先として来たいぶき療護苑の雰囲気が良かったので働きたいと思い、面接をしていただきました。入職して10年経過しますが、介護の仕事を選び本当に良かったと思います。

お仕事の内容・やりがい

食事や入浴、着替えに排泄など生活全般の支援をさせてもらいながら日々の生活に楽しみを感じられるように、日中活動をメインに入居者の皆様と共にカレンダーやポストカードなど創作物の製作を行っています。

初めての担当をした入居者さんと保護者から「また担当になってほしい」と今でも言われます。当時は手探り状態だったのでお世辞にも良い支援ができたとは言い難いのですが、そう言ってもらえることが今のやりがいにつながっていますね。

後輩へのメッセージ

初めての介護ということで右も左もわからない状態でしたが、先輩方の丁寧なアドバイスをもらって徐々にできることが増え、今では後輩も沢山できました。

新しく入る職員には、自分が入職前後にどんな気持ちだったのかを思い出し、「10教えてもらって1ずつ覚えればいい」「教えてもらったことでも分からなければ何度でも聞けばいい」と伝えています。最初の一歩を自分で踏み出せば、あとは周りが必ず助けてくれるので安心してくださいね。

山口 純一​

介護福祉士・日中活動専門員

石原 貴士

介護福祉士

小室 瞳

介護福祉士