先輩からのメッセージ
石原 貴士

介護福祉士
入社年度:2007年
所属施設:いぶき療護苑

今のお仕事選んだきっかけ

「困っている人の役に立ちたい!」「楽しく笑顔で仕事がしたい」という想いから、障害者支援施設の生活支援員という職を選びました。楽しいことばかりではありませんが、とてもやりがいのある仕事だと思っています。入居者の方々と接することで、私自身も自然と笑顔が出ます。高齢者介護の経験もありますが、若い入居者の方々と元気に生活することで、私も元気を頂いています。

お仕事の内容・やりがい

入居者の生活支援全般(食事・排泄・移乗・移動・入浴・外出・日中活動など)。入所施設ですので、365日24時間体制で支援しています。早番・遅番・夜勤の3交代制です。32名の入居者の方々が生活されていますが、同性介助を行っていますので、男女各々基本16名の入居者への生活支援がメインとなります。やりがいは、何と言っても、入居者の方々の屈託のない笑顔とピュアな心です。仕事をさせて頂きながら、入居者に癒されることもしばしばあります。

後輩へのメッセージ

業務内容や介護技術は、ゆっくりでも時間をかければ覚えていけます。
何より大切なのは、入居者様の方々への思いやりとやさしさです。「職員の笑顔とまごころ」は、必ず入居者へ伝わります。職員同士の競争や争いはありません。
目標は一つ、『入居者の方々に笑顔で安心して生活してほしい』。共に目指してみませんか?

山口 純一​

介護福祉士・日中活動専門員

石原 貴士

介護福祉士

小室 瞳

介護福祉士